お正月
親戚の集まりで実家へ行った
着飾った姉妹をうらやましく眺める

会うたびに買ったばかりの違う服
カバンはブランド物
ブランドのプレセールの招待が来て
年末に買ったばかりだとか
ついでに買った財布が4万円だったとか

財布で4万円って
感覚がおかしい
価値観が違いすぎると思うが
まわりの親戚は
セールの時に連れてってほしいと言う

shopping_brand_goods


一緒に行く?と聞かれたが
勘弁してくれ
私のバックなんて5千円だったのだが
悩みに悩んで購入した
それをずっと使いまわしている

「身に着けるものはいいものじゃないとな」
と80歳の父が言う
「食べていくのに精いっぱいなんでね」
そう言ったら少し場がシラケた
早く帰りたかった

帰り際に父がそっと3万円を私に手渡した
「これでうまいものでも食べなさい」
ありがたく頂戴した
情けないね
本当はお年玉をあげなくてはいけないのだけど
お土産たくさんもらって
お年玉までもらってね
そんなお正月だった


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK